MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 症例報告・肋骨骨折  

症例報告・肋骨骨折  

2016.01.25 | Category: 未分類

こんにちは!

京都市中京区、二条駅、周辺もかなり冷え込んできました。

大雪が降ると言われていた先週末、仕事帰りに、近所のホームセンターのディオハウスに行ったら、

雪かき用のシャベルが入口に大量に置いてありました!!  つい、買ってしまいました。

ディオハウスの上手な戦略を感じます(笑)
 

雪が降り、道が凍てつくと、転倒して胸や脇腹を強打すると、肋骨を骨折する時があります。

肋骨骨折をすると、骨折部位に一致した痛み、圧痛、腫脹、皮下出血が現れ、骨折部を軽く圧迫した時に骨折部で骨がきしむ音が生じることがあります。また、呼吸に伴って痛みが強まるため、患者さんは、痛みがでないように骨折部位のほうに体を曲げた姿勢をとることが多くなります。

単なる肋骨骨折であれば、冷湿布の貼布とバストバンド等、固定帯による圧迫固定を行い、身体のバランスがとれるように調整することで、

その多くは数週間で軽快します。(下記の画像の患者さんも、かなり動けるようになられました。)

しかし、肋骨が高度に変位している骨折では、病院で外科治療(手術など)が必要になることもあります。

足を滑らせて転倒しないように、充分、注意して下さいね。

DSC_0198

 

松村鍼灸整骨院 西ノ京院  075-821-6411

松村直彦

 

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8432 京都府京都市中京区西ノ京南原町1-1 クラウンビル1階
公共交通機関JR二条駅から御池通りを西へ徒歩約10分
市バス・地下鉄西大路御池駅から御池通りを東へ徒歩1分
駐車場P2台有り。満車の時は近隣のコインパーキングをご利用ください
駐輪場自転車・バイクの方は当院前の駐輪スペースへお止めください。
電話番号075-821-4976
予約予約制(電話予約)
休診日木曜午後、日曜日、祝日